2018年度番組審議会議

対象チャンネル

南関東地方競馬チャンネル

開催年月日

2018年12月11日(火)

開催場所

株式会社スカパー・ブロードキャスティング 会議室

出席者

(審議委員)
委員総数:
5名
出席委員数:
5名
審議委員長:
朝日 純一
副委員長:
草野 仁
委   員:
三遊亭好楽
委   員:
鈴木 邦則
委   員:
辻村 健次
(スカパー・ブロードキャスティング)
米澤 稔
(代表取締役社長)
齋藤 收
(取締役管理本部長)
広瀬 義武
(取締役制作事業本部長)
山崎 治人
(制作事業本部事業推進部長)
三枝 久美子
(管理本部経営管理部長)
平井 竜一
(制作事業本部事業推進部アシスタントマネージャー)
巴 明日香
(制作事業本部事業推進部アシスタントマネージャー)

議事内容

番組審議「南関競馬マガジン」および「南関競馬中継」
委員
視聴者は常にレースに関する情報を求めているので、パドック解説も第1レースから最終まで全レース実施するのが望ましい。
どの解説者も独自のパドックの見方をもっているので、解説者ごとのパドックの見方の特徴も視聴者に伝えた上で、パドック解説を提供するのが良い。
解説者の予想に加え、番組独自の予想というものも取り入れてみてはどうか。
委員
パドックに馬が出てくるのを観るだけでも楽しく、馬が好きで観ている。長年競馬を観ていると、自分の好きな馬、思い入れのある馬、馬の血統などから郷愁を誘うような馬がおり惹かれる。馬が好きな視聴者のために、馬の情報も伝えるのが良い。
委員
オッズの変動は重要な関心事であり、特に地方競馬においては、締め切り間際で急に人気が上がることもある。視聴者に対してなるべく親切にオッズを伝えるべき。
委員
今後、4K8Kの高精細な映像では、競馬の中継の仕方が変わってくるのではないか。
SPBC
以前、競馬場にてデモとして4Kカメラで撮影を行ったところ、夕方に撮影しているにも関わらず、映像では昼間のような明るさとなり、明るさの概念が従来のものと異なることがわかった。色味も非常に発色良く映るため、ジョッキーの色とりどりの服は、撮り方によっては、視聴者の目に負担を与えるものとなる可能性もある。一方、汗や息使いなどは、間違いなく感度の良い映像が撮れる。パドックの見せ方等は、良好な映像に期待が持てる。
委員
大井競馬場の外回りコースは、馬が一斉に走り込んでくる迫力を楽しめるコースだが、テレビで観るとそれが伝わりづらいのが残念だ。
委員
視聴者を繋ぎ止めておくツールとして、SNSをもっと活用してはどうか。視聴頻度の低い視聴者に対し、リマインダーとして情報発信するのが良いのでは。
委員
若年層はレース映像をインターネット配信で観ていると思われ、配信は手軽さが魅力であるが、インターネット配信には無い、南関チャンネルでしか表現できない特徴・魅力を持たせてはどうか。
委員
放送では大画面で綺麗な映像で伝えることができ、それが視聴者にとっての魅力に繋がると思うが、馬券のインターネット購入比率は高まっており、映像を観てインターネットで買うという最近のスタイルでは、スカパー!オンデマンドによる視聴への訴求も必要ではないか。