2011年度下半期番組審議会議

開催年月日

2011年12月16日(金)

開催場所

スカパーJSAT株式会社

出席者

(審議委員)
委員総数:
6名
出席委員数:
5名
審議委員長:
高畑 文雄
委  員:
逢坂 剛
委  員:
石井 苗子
委  員:
山本 浩二
委  員:
二宮 清純
(スカパーJSATグループ)
高田 真治
(スカパーJSAT株式会社 代表取締役 執行役員社長)
住友 裕郎
(スカパーJSAT株式会社 取締役 執行役員専務 有料多チャンネル事業部門長)
川西 将文
(スカパーJSAT株式会社 執行役員常務 マーケティング本部長)
国武 慎也
(スカパーJSAT株式会社 編成部長)
田中 晃
(株式会社スカパー・エンターテイメント代表取締役社長)
道井 隆之
(株式会社スカパー・エンターテイメント取締役副社長)
山崎 隆
(株式会社スカパー・ブロードキャスティング代表取締役社長 兼 営業本部長)
渥美 雅仁
(株式会社スカパー・ブロードキャスティング取締役 兼 事業本部長)
石川 俊之
(株式会社オプティキャスト代表取締役社長)
佐藤 範生
(株式会社オプティキャスト取締役)

審議事項

  • 10月新BS開局に伴うe2加入状況
  • 東日本大震災の契約件数への影響、及び復興施策について
  • 新BS開局による市場の拡大及び、事業環境の変化について
  • チャンネル名称の変更について
  • オプティキャスト2011年度の動き

審議内容

◆10月新BS開局に伴うe2加入状況

当社のサービスはトライアルとして、無料体験というサービスを用意しております。
この無料体験をしたお客様に、新規加入をお勧めしており、いかに多くの方々に無料体験をしていただけるかどうかが新規加入の重要な要素となります。
BS放送が視聴可能な世帯数は2200万世帯との調べがありまして、これは日本全国の半数の世帯となります。BSスカパー!では、スカパー!e2サービスの様々なコンテンツを紹介する編成となっており、お客様には、まず初めに無料体験をしていただくということを念頭に置いております。

◆東日本大震災の復興施策について

視聴料の免除や再加入時の加入料免除等を実施しております。

◆新BS開局による市場の拡大及び、事業環境の変化について

BSチャンネルの構成に関しては、従来12チャンネルだったBS放送チャンネルが2011年10月で24チャンネル、2012年3月で31チャンネルに増加します。
現在のチャンネルの構成ですが、HDチャンネルが19チャンネル、SDチャンネルが47チャンネル、計66チャンネルが稼動しております。2012年3月にはHDが23チャンネル、SDが45チャンネルの計68チャンネルとなる予定です。

◆チャンネル名称の変更について

より分かりやすさを求めて、下記のような形式にスカチャンのチャンネルナンバーを変更致しました。現在は3チャンネルを総称した呼び名としております。

例)以前:スカチャン180/800/190 ⇒ 現在:スカチャン0
  以前:スカチャン181/801/191 ⇒ 現在:スカチャン1

◆オプティキャスト2011年度の動き
  • 総務省 衛星・地域放送課
  • 放送法改正(有線テレビジョン放送法と電気通信役務利用放送法は廃止され、放送法に統合)。(6月30日)
  • 電気通信役務利用放送事業者から一般放送事業者へ。
  • 地上アナログ放送(岩手県、宮城県、福島県を除く)の終了。(7月24日)
  • BS放送チャンネルの追加(10月1日および2012年3月)