SPBC株式会社スカパー・ブロードキャスティング<株式会社スカパー・ブロードキャスティング<コンテンツでビジネスを加速するプロデュースカンパニー

About Us

SPBCについて

Top Message

トップメッセージ

手塚 久 (Tezuka Hisashi)

代表取締役社長

豊かな映像文化創造の良きパートナーでありたい!

ある俳優が授賞式のスピーチで「本当に沢山の方に支えられなければ、映画作りはできないんだなと身に染みて感じました」と涙ながらに語られました。映像コンテンツの提供においては、すべて同じことが言えると思います。人々の心を感動させるには、映像制作の企画立案から、収録、編集、メタデータの作成、プロモーション、放送・配信での電波送出に至るまで、様々な方々の多くの力が必要です。当社は映像メディアの分野において、これまで皆様のパートナーとなり、サポーターとなり、日本の映像文化の発展に貢献して参りました。


1996年に株式会社ペイ・パー・ビュー・ジャパンとして発足した当社は、衛星放送によるデジタル・多チャンネル放送を開始しました。その中でハリウッド映画や海外メジャースポーツなどの優良コンテンツをいち早く紹介し、ペイ・パー・ビュー(番組単位課金)方式で視聴者の皆様にお届けする日本で初めての事業に挑戦しました。その後、スカパー!がサッカー中継の放送権を獲得したことを契機に、スポーツ中継制作も当社事業の柱として取り組みました。また音楽ライブや大型イベントの制作、近年注目されている「eスポーツ」など、新たな分野でも映像制作のパートナーとして積極的に取り組んでいます。2017年1月には業界に先駆けて4K/HDR対応の大型中継車を導入し、スカパー!の番組だけでなく、放送・配信事業者様からの受注も含め、より高画質で魅力的なコンテンツの制作・提供を開始しました。さらに2021年3月よりネット配信時代への対応として簡易中継システムを導入するなど、より機動力と効率性を高めています。


映像制作以外の分野についても、多チャンネル事業の運営経験を活かし、スカパー東京メディアセンターにおける放送運行・回線業務やオンデマンド配信業務の取り組み、映像コンテンツに特化した広告代理店業務など、多くの分野でスカパー!の事業に関わっていますが、今後は映像事業のHUBとなる機能をより高め、様々な事業者の皆様へのサポートも視野に活動して参ります。


日本の映像メディア事業における良き一パートナーとなり、豊かな映像文化の創造に寄与していきたいと考えています。
皆さん、我々と一緒に新しい映像の未来を切り開いていきましょう!